男女共学

誰もが送る学生時代。
そんな中でも、中学までは大体の人が男女共学だったと思います。
そして、高校から大きく分かれてくるのです。

1、男女共学
それまでと変わらず、学校に男子も女子もいる状態

2、男子校
いままでいたはずの女子が全くいない学校に男子のみの状態

3、女子校
男子校と反対の学校に女子ばかりの状態

それまで当たり前だったはずの学校に異性がいない状態。
思春期にこれはとても大きな影響を与えます。

最初は何も気がつかないけども。。

大人になって、よく「出会いがない」という言葉は聞きますが、
まさかの15歳から「出会いがないです」状態。

 

積極的な人

そんな男子校、女子校に行っても出会いに積極的な子はたくさんいます。

男子校、女子校同士が仲良くなるパターンも多いです。
お互いの文化祭いったり、友達つながりでみんなで遊んだり、
積極的な子は異性との出会いにも困らないでしょう。

 

消極的な子

ここで分かれてくるのは、出会いに消極的な子です。
積極的な子が行ってる、他の高校の異性との交流をしてない子。

まったく異性と3年間話しをせずに終わる人もいるでしょう。

なんと、なんと、つらい3年間なんでしょう。。

そうなるとこれから異性と何を話していいのかわからないという状況も出てくるでしょう。
でもこれは決して悪いことではなく、
そういったその人の人生の流れなので、特にもっと交流をしろなどということでもなく、
それは人それぞれだと考えます。

 

男女共学

男子校、女子校の生徒が他校と積極的に交流を行ったり、
または消極的に交流を行わなかったり、
それぞれの学生生活を送っているなかで、

男女共学の生徒は、学校にいけば異性がいるのです。

なんと恵まれていることなんでしょう。

隣の異性に「消しゴム貸して」などからコミュニケーションがとれるのです。
体育の時間に男子は女子の前で格好いいところ見せれれば、
ポイント上がるのです。
成績がよければ、女子が相談にくるのです。

部活で活躍すれば後輩とかからファンクラブができるのです。

冷静に考えれば、とてもありがたい環境です。
ありがたすぎます。
いや、ほんとにありがたいです。
うらやましいです。

異性はがんばるエネルギーになるのです。

それが当たり前だと思ってるから、

1、ルックスいい子がいない
2、性格が悪い

などと不満を言ってしますのです。

学生からそのまま付き合って結婚するというカップルもいるでしょう。

同窓会から付き合う人もいるでしょう。
あーうらやましい。。

やはり、積極的な人でない限り、
男女共学がいいですね。